登録販売者の就職はどうなってるの?

登録販売者,就職

登録販売者は日本という国にある資格制度のなかの一つです。 この資格を持つ人は薬剤師と同様、医薬品の販売に従事することができるようになります。 もちろん全く同様ということはなく、販売できる医薬品については第二類・第三類に限定されるというような制約もあるということには注意が必要ですが、それであってもその人材としての価値は非常に高いと言えるでしょう。 では登録販売者の有資格者が就職をしていくというような場合、これはどういった状況になるのでしょうか。 ここでまずポイントとなるのが「登録販売者制度は2009年に生まれた比較的新しい資格である」ということです。 そのためまだ有資格者の数自体が少なく、人材としての希少価値は非常に高いということができます。 また昨今の社会ではドラッグストアの数自体も増加傾向にあり、大規模チェーンが他の店舗を買収するというような形で出店数を増やしています。 ドラッグストアには常に薬剤師雇用に当たっての人材コスト増加の懸念があったのですが、登録販売者制度ができたことによって第一類医薬品を販売するケースを除き、登録販売者さえ雇用していれば医薬品が販売できるということになりました。 そのため現在、ドラッグストアを中心として有資格者に対する需要は非常に高いレベルが維持されているのです。 また今後、コンビニエンスストアなどで医薬品が販売されるようになると、そうした店舗にも雇用される機会は出てくるということが予測されています。 これに関しては今後の業界動向次第ということになりますが、就職市場における有資格者の人的な価値は非常に高いといっていいでしょう。 235

登録販売者の就職時の履歴書の書き方

登録販売者,就職

登録販売者は、規制改革の一貫として2009年の改正薬事法が施行されてから創設された新しい資格です。この資格は都道府県が実施している試験に合格した上で、医薬品の販売に従事する店舗の所在地を都道府県に登録すれば一般医薬品のうち指定第二類を含む第二類医薬品および第三類医薬品の販売を行うことができるというものです。登録販売者は、ドラッグストアや薬局薬店での一般用医薬品の販売を薬剤師とともに担うことができます。なお、別途許可申請を行うことで動物用の医薬品販売も行うことができます。 登録販売者の制度が出来る以前には薬種商販売業がありましたが、この資格の許可基準が主に開業計画がある者に制限されているため、個人の資格というよりは店舗に与えられる資格という性質のものでした。現在は販売登録者制度の創設に伴ない廃止されています。 この登録販売者は、実務経験などの条件を満たせば誰でも受験でき、また個人に与えられる資格のため、ドラッグストアなどの一般医薬品を扱うお店への就職に有利な資格となっています。このさい履歴書には販売実績を示すためにも過去に務めたドラッグストアの情報を詳しく書き込んでおくと有利に進めることができます。 236

このページの先頭へ戻る